OUR STRENGTH

瀬川鉄工所の強み

1953年の創業から培ってきた「技術力」「品質」「短納期」と「省力化」
これが、SEGAWAの強みです。

技術力

技術力

SEGAWAでは、自動車・二輪部品を中心に、フレーム・パイプ・マフラー・エキゾーストマニホールドといった製品を長年にわたり手掛けて参りました。設計技術の高度化により、近年では複雑形状品が増加。お客様のご要望に適う製品作りを目指し、パイプ曲げ~プレス~バルジ加工~溶接~組立まで、社内で一貫生産が可能な体制を構築しました。特に、1製品に対し15箇所のプレス加工を施す製品製造や、パイプの端末を成形する「バルジ加工」などは、SEGAWAならではの得意技術です。100個単位の少量品から最大200万個の大量生産品まで、SEGAWAの技術で最適な製品をお届け致します。

品質

品質

SEGAWAでは、自動車・二輪部品の中でも特に「重要保安部品」を多く生産しています。人命に関わる製品だからこそ、ISO 9001の取得はもちろん、トレーサビリティと社内のIoT化・見える化の取り組みとして、独自の生産管理と稼動管理のシステムを導入。また、品質マニュアルやルールを作成し、工程内検査のレベルアップを図っています。
不良率「0」を目指し、安心安全で高品質な製品を提供する。それがSEGAWAの使命です。

品質保証ページへ

短納期

短納期

パイプ曲げ、バルジ加工、プレス、溶接など、社内で一貫生産ができるからこそ、大量生産品でもスピーディに生産が可能です。特に、カンバン方式を取り入れることで、お客様の「今欲しい」にお応えできる体制作りはもちろん、一度製造した製品については、ライン構築が行えるため、大量生産品だとしても、細かな仕様も含め早急に生産ラインを立ち上げることが可能です。お客様のご要望に合わせ、スピーディな納品を実現します。

製品紹介ページへ

溶接ロボットによる省力化・省人化

溶接ロボットによる省力化/省人化

70台を超えるTig・アルゴン・CO2などの多様な溶接ロボットを保有するSEGAWA。東海地区最大級の保有台数であると自負しています。また、溶接ロボットライン技術も然ることながら、安定品質を実現する「溶接治具のノウハウ」はSEGAWAの大きな強みです。職人の技術力と24時間体制での生産を可能にした溶接ロボットによる省力化で、最良の製品作りを徹底しています。

設備一覧ページへ

RECRUIT

採用情報

日本を支える工業製品を、共に創る。

READ MORE