BULGING

バルジ加工

SEGAWAのバルジ加工

SEGAWAではパイプ加工技術の一つとして、バルジ加工(パイプ成形)を行っています。 バルジ加工とは、専用の拡縮管機を使用し、パイプの端末を拡げたり縮めたりする技術です。 特に、SEGAWAでは、板厚が0.8~2.0mmの薄板での加工を得意としています。

拡管(バルジ)

拡管(バルジ)

縮管(ネッキング)

縮管(ネッキング)

近年の自動車・二輪部品の傾向として、車両の軽量化、部品の一体化、製品強度の向上だけでなく、
設計技術の高度化による複雑形状品の増加など、部品加工技術の向上を求められています。
また、その一方で、コスト競争も厳しさを増しているのが現状です。 SEGAWAでは、パイプ加工の専門メーカーとして、あらゆる技術を複合することで、
製品価値の最大化を目指し、自動車・二輪分野の発展に貢献します。

バルジ加工例

  • ブレース縮管+拡管+プレス

    縮管+拡管+プレス

    製品名 インナーテールパイプ
    材質 SUS436MT
    サイズ t1.2
    特徴 φ75⇒φ100へ拡管
  • 拡管+曲げ+溶接+バフ仕上げ

    拡管+曲げ+溶接+バフ仕上げ

    製品名 テールパイプ
    材質 SUS304
    サイズ t1.0
    特徴 巻きパイプ使用
  • 縮管+曲げ+プレス

    縮管+曲げ+プレス

    製品名 サスペンションパイプ
    材質 STKM11A
    サイズ t1.6
    特徴 プレスでの斜めカット
加工実績を見る

RECRUIT

採用情報

日本を支える工業製品を、共に創る。

READ MORE